今後のインバウンド向け決済事情

外貨両替機と今後のインバウンド向け決済事情

2020年東京オリンピックに向けて官民一体となって「おもてなし」体制を整えつつある昨今、
訪日外国人がスムーズにショッピングや支払いを行っていけることは必須事項となりつつあります。

基本的にはキャッシュレスでの支払いに向けてのクレジットカード対応、電子マネー対応、
携帯端末対応等の機器導入が店舗単位で進められていく流れにはなっています。

あれ?じゃあキャッシュである外貨両替機はどうなの?って話になると思いますが
現状では訪日外国人のキャッシュレス払いが約半数なのに対して日本円現金での支払いは、
ほぼ100%近い数字になっています。
多かれ少なかれ日本円現金での支払いを外国人の方々は経験され、またその入手手段が
限られていることに対して不満を持たれているわけです。

キャッシュレス化の最大の懸念は現金に対してお客様、店舗側双方にセキュリティ不安が
ある事もあり、急速な進展はあるとは思いますが、格段にお客様側の自国通貨へ
転換する手数料が安くならない限り完全な普及は難しいかと考えています。

日本円での支払いは店舗側にとってはオペレーションが変わらない、利益率が最大限
取れるといったメリットがあり小売業にとってはかなりの恩恵があります。

地方土産物店、寺社仏閣、国内アクティビティにおいて日本発行のクレジットカードで
さえ使用が難しい場所はまだまだ多く、今後訪日外国人がショッピングのみならず
体験アクティビティ型の訪日プランになればなる程、実は日本円現金の調達需要は
増える可能性もあるわけです。

弊社では外貨両替機を通じての日本円現金のご提供という使命感を持って、
日本の観光立国化に貢献していきたいと思う所存です。