「お花見」は好き?

「お花見」は好き?

日本を訪問をする外国人旅行客にとって「花見」は体験してみたいコンテンツとしてかなり上位にきています。

とある調査によると行ってみたい観光地イメージの2位に
「桜」、体験してみたい事の2位にも「桜の鑑賞」がランクインしているそうです。

外貨両替機の旅/花見

これらは中国のみならず香港、台湾、東南アジア諸国においても同様の調査結果になるそうで、「桜」というインバウンド向けコンテンツを持つ観光地にとっては今年は間に合わなかったとしても来年には万全の受け入れ態勢で臨みたいところですね。

桜の季節に合わせて北上していくようなツアーも面白いですし、個人旅行客にとっては開花状況を見ながら行先を決めるといった事もあるかもしれません。

現地で情報を得ようとすると問題点はやはりWifi環境、一般的には案内版等インバンド向け対策があまり取られていない花見スポット、現地で飲み食いするときの決済方法(外貨両替、外貨両替機設置状況ももちろん重要ですね!)と訪日外国人が持つ旅行中に持つ不満ランキングがそのまま当てはまっている状況です。

花見をする場所に何かを設置する、というのは限度もあるのでそこに至るまでの導線上で対策したいものです。インバンドビジネスはお客様の導線先読みビジネスなのかもしれませんね。対策を間違えると、どこかで違う方向に行ってしまう、自分の処に来てもらえないと中々難しいものです。

大阪でもかなり満開近くなってきましたが、毎年3月初旬ごろからこの季節は花粉症に悩まされてました。
人としゃべっていても話の内容より、自分の鼻から鼻水ぽたってなりそう、
突然くしゃみがでそう、そっちが気になって仕事にもならない。ですが今年は全然来ないんですよね魔の季節が!快適に営業できてます!

今年の秋くらいにR-1乳酸菌を摂取したクラスの児童はインフルエンザにあまり感染しなかったなんてデータを見て、元々はそっち対策で食べ始めたんですけど、どうやらアレルギー対策にもなったのかもしれませんね。効果もあるようです。

すっかり流行りに乗ってR-1信者になってるんですが、これが。。結構高いんですよ。

もうちょっと安くならないですかね?