からくさスプリングホテル様設置

「からくさスプリングホテル」様

からくさスプリングホテル関西エアゲートに、外貨両替機設置させていただきました。

からくさスプリングホテルは17年1月16日オープンで、中国の春秋航空社とザイマックス社が

運営に携わり、中国から日本に訪れるお客様の宿泊先として建設されています。

先日の日経新聞の記事では、

中国の春秋航空は日中両国の都市を結ぶ路線数を現状の約30より3割多い40に増やす。

20年の東京五輪をテコに中国での訪日観光需要は堅調に伸びると判断し、航空機保有数も

早期に現状の3割増の100機まで拡大する。

125万人のうち、100万人は団体旅行客で、25万人は個人旅行、「中国人の日本観光の評価は高く、

口コミで新しい旅行客も増えているうえ、リピーターも増えている。これからも訪日客が伸びていくのは確実だ」

「中国からの訪日観光客が増えるなかで、最大の課題はホテルの客室数が足りないことだ」と指摘。

5年内に日本企業と共同で200億円を投じ、日本にホテルを20カ所開業する計画も示した。

インバウンド消費は2015年で前年比80%、2016年は30%と上昇傾向で、2017年もまだまだ期待が高まっています。

外貨を両替をすることにより日本円を手にすることによって、消費欲求に繋がります。

今後のインバウンド消費に、弊社の外貨両替機も貢献していきたいと思います。